ヘルスケア事業の社会的意義

ヘルスケアとは

今まではヘルスケアはセルフメディケーションと定義づけられる傾向があり、日本では病気になったとき、自己治療、自主服薬など、自身で健康管理を行うことが多くありました。
医療財政の状況が厳しい今、医療財政拠出を減らすべく、病気にならない、感染しない“未病予防”の観点でヘルスケアの定義が変わってきております。

ヘルスケア事業の社会的意義

医療財政の状況が厳しい今、病気にならない“未病予防”が重要です。薬剤を使わず、深紫外線LEDを中心とした応用技術を用いて、感染対策に貢献します。

ヘルスケア事業 社会的達成⽬標

  1. 超高齢化社会で膨らんだ医療費を抑えるため、未病予防の実現のため、また、新たな感染予防技術の普及推進のための事業を行ってまいります。
  2. 長年培ってきた医療機器メーカーとしての信用と信頼を基にエビデンスをしっかり提示し、お客様により安全性を高めた製品を提供いたします。
  3. 日本での工業用途などで実績のある殺菌技術を感染対策に貢献する技術へ応用展開し、新たなヘルスケア技術として普及に努め、集団感染に対するアプローチを薬剤に頼らない物理的な作用で行ってまいります。

3つの社会的達成⽬標

  1. 深紫外線LEDを感染対策に貢献することによる新たなヘルスケア産業の創出
  2. 集団感染など感染リスクの軽減による健康社会や国民健康維持・向上への貢献
  3. 未病予防へ貢献することを通じた医療費の拠出軽減による経済的社会貢献